有機野菜&減農薬野菜

海老原ファーム・海老原さん (下野市)

主役になれる極上野菜の生産者として、その名を全国に知られている海老原ファームさん。その野菜の育て方は独特で、海老原さんの愛情溢れるこだわりには感心させられます。野菜を自分の子供のように大切に、しかし甘やかさず育てるのがモットー。土の本来の力を借りるため、水も肥料もごく少量に。そうすることにより野菜自らが水や栄養を追い求め、生命力の強いたくましい野菜に育つのです。海老原さんの畑では、サラダ用の葉もの野菜は同じ畑で並べて作られています。サラダの出来上がりをイメージして、同じ土で育つ野菜同士の相性を考えながら植えているなんて、畑の段階からサラダボウルのようで素敵です。食の安全が求められる現代だからこそ、除草は手で行い、自然の力を借りて害虫駆除をするなど、安全管理にもこだわっていらっしゃいます。海老原さんの子供である野菜の数々はタップリと注がれた愛情により、いきいきと輝いています。


ハーブのめぐみ・菅又さん (さくら市)

ご夫妻で良くお店にも足を運んでくださる菅又さんは、気さくで素敵なおじ様です。料理にも興味を持たれ、自家製無農薬バジルソースなどは、ご自宅だけで楽しむにはもったいない出来栄えです。そんな菅又さんのコメントです。
「有機栽培で無農薬を心がけています。有機肥料は、牛糞を発酵させたものに、米ぬか、油かす、土壌改良剤を加え、1年間寝かせています。土壌改良剤を加える事により、冷作障害を起こす菌を撲滅し、健康な土となります。健康な土からの健康な野菜つくりを心がける事で、自然の味を出すよう頑張っています。また、なかなか手に入らないような種を仕入れ、育成させることにもトライしています。」菅又さんの作られる野菜は、初めて目にする種類が沢山あります。そして、その調理法までアドバイスしてくださる時の菅又さんの目は、いつも輝いています。


あぜみち (宇都宮市)

お客様に新鮮な野菜とともに「安心」を届けたい、とのコンセプトの下あぜみちでの店頭では生産者の名前を商品に記載し、顔写真を張り出しています。また、その生産者自身が定期的に売り場に立ち、対面販売を行っています。生産者を厳選することで、とことん「安心」の提供を追求する八百屋さんです。

豚肉

関口肉店 (宇都宮市)

「和豚もちぶた」は理想種豚づくりから始まり、育種・生育環境・飼料・流通にいたるまで、すべてに厳しい基準を守り、こだわってつくりあげています。つきたてのお餅のようなおいしい豚肉です。


郡司牧場 (那須塩原市)

那須高原の恵まれた自然の中、広大な牧場で運動量も豊富にのびのびと豚を育てています。飼料は、とうもろこし、大麦、さつまいもをブレンドすることで、甘みが増し、柔らかい肉となります。牧場は、獣医が責任者を務めていますので、常に豚の健康管理が徹底されています。

手塚農園 (宇都宮市)

鬼怒川沿いの豊かな土壌と清流にて生産される「コシヒカリ」はお米の甘みと旨味、炊きあがりの食感の良さが秀逸なお米です。

タンタハウス (宇都宮市)

宇都宮市の鬼怒川沿いの道場宿で養鶏を営んでいるタンタハウス(刈部養鶏場)の新鮮卵は黄身の甘みや生臭みのない風味、卵白の腰の強さが優れています。この卵を使った「厚焼き玉子」はビュッフェの前菜の中でも人気メニューです。

味噌

とべや (大田原市)

創業の大正14年から今日までずっと、国産原料と天然醸造にこだわった味噌を作っています。中でも、「米麦混合麹味噌」は、米麹の甘味と麦麹の風味の良さが活きた、旨味を感じる味噌です。石の蔵のshopでも販売中です。

ヨーグルト&アスパラガス

ジョセフィンファーム (大田原市)

ヨーグルトは、自社農場の乳牛からの搾りたて&無添加の牛乳から作ります。本来のヨーグルトの味が生きています。乳牛から生ずる大量の堆肥を使用してグリーンアスパラガスも育てています。これぞまさしく循環型農業&牧畜です。大量に堆肥を使用することで、淡い色合いと甘味が生きたグリーンアスパラガスが育ちます。

特選素材

とちぎ和牛

国内でもトップレベルに位置づけられるブランド和牛です。キメの細かいさし(脂)がとろけるような柔らかさと旨味を生み出します。JA全農とちぎ認定。パスポート発行。